上場企業の2016年3月期中間決算の発表が相次いだ11月上旬。円安などで好調の企業が多い中、経営の失敗や不祥事で業績が悪化した会社が注目された。巨額の最終赤字に陥ったシャープなど、トップが会見で述べた「敗戦の弁」を紹介する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4509文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年11月23日号 22~24ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。