ワタミの2015年4~9月期決算は黒字予想だった営業損益が赤字に陥った。「ブラック企業」との批判を受けて労働環境の改善は進めてきた。だが本業の苦戦が鮮明になる中、従業員の負担を増やさずに業績を上げるという難問に直面している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1409文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題