ワタミの2015年4~9月期決算は黒字予想だった営業損益が赤字に陥った。「ブラック企業」との批判を受けて労働環境の改善は進めてきた。だが本業の苦戦が鮮明になる中、従業員の負担を増やさずに業績を上げるという難問に直面している。