2015年7〜9月期の実質GDPが2期連続のマイナス成長となった。政府は景気テコ入れに向け、3兆円超の2015年度補正予算案の編成を急ぐ。実体経済の足踏みが続く中、市場に好感されるような効果的な施策を打ち出せるかが焦点だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1549文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題