2015年7〜9月期の実質GDPが2期連続のマイナス成長となった。政府は景気テコ入れに向け、3兆円超の2015年度補正予算案の編成を急ぐ。実体経済の足踏みが続く中、市場に好感されるような効果的な施策を打ち出せるかが焦点だ。