オリックスを中心とする企業連合が2016年4月から関西国際、伊丹両空港を運営することが決まった。これにより44年間にわたって合計約2兆2000億円の運営権料を国に支払う国内最大級のPFIが動き出す。規模が大きく、入札参加は1グループだけ。それだけに国との交渉を終始有利に運んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1553文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。