6月に発覚した年金機構へのサイバー攻撃を受け、国が防衛策を強化している。中心となるのは、防衛の司令塔となる内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)。NISC幹部が取材に応じ、脅威の「主体」や今後の防衛策などについて言及した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1597文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題