旺盛なフラッシュメモリー需要がけん引し、東芝の業績が急回復している。中華スマホという“神風”と、データセンターの構造変化が背景にある。一方、子会社で新たな不正会計が発覚。東証による審査に影響するのは必至だ。

<b>東芝の平田政善CFO(最高財務責任者)は「メモリー価格が想定ほど下がらなかった」と述べた</b>(写真=右:陶山 勉)
東芝の平田政善CFO(最高財務責任者)は「メモリー価格が想定ほど下がらなかった」と述べた(写真=右:陶山 勉)

 「中華スマホの台頭は、東芝にとって“神風”だ」。ある外資系アナリストは興奮気味にこう語る。

 東芝の業績が急回復している。11月11日に発表した2016年4~9月期の連結営業利益は967億円。前年同期の891億円の赤字から1800億円超も改善した。2017年3月期の営業利益予想は1800億円と、以前から600億円上方修正した。

 けん引役はNAND型フラッシュメモリーだ。「OPPO(オッポ)」ブランドを展開する広東欧珀移動通信や華為技術(ファーウェイ)など中国のスマートフォンメーカーが、メモリー搭載容量を増やしたことで需要が急拡大した。指標となる64ギガビット(ギガは10億)品の価格は10月に1個3ドルを超え、2年ぶりの高値となった。

 拍車を掛けたのが、8月に起きた韓国サムスン電子製スマホの発火事故だ。サムスンの失速をチャンスとみた中国勢が増産ペースを加速。東芝に対し「複数のメーカーが相当な発注」(平田政善CFO=最高財務責任者)をかけた。

 結果、「メモリ事業」の営業利益は501億円と全社の過半に達した。東芝は今期、メモリ事業の利益率が1桁台で推移するとみていたが、4~9月期は12%を超えている。

続きを読む 2/4 HDDは「カセットテープ」に

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2733文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/