「アメリカファースト」を掲げ、保護主義を打ち出してきたドナルド・トランプ氏が米大統領に就任する。米国が中心となって進めてきた、各国との自由貿易の枠組みが変わる可能性が高まっている。日本で最も影響を受けるのが自動車産業。この数年でメーカー各社が投資してきたメキシコに暗雲が垂れ込める。

<b>メキシコからの輸出車を港で降ろす様子。メキシコは自動車の輸出大国になった</b>(写真=Paulo Fridman/Getty Images)
メキシコからの輸出車を港で降ろす様子。メキシコは自動車の輸出大国になった(写真=Paulo Fridman/Getty Images)

 11月11日、在日メキシコ大使館で同国への進出を支援するセミナーが開かれた。会場はほぼ満員。質疑の時間となり、最初の質問者がこう切り出した。「トランプ氏は北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しを公約に掲げている。どう考えればいいのか」。

 大使館の担当者は、メキシコ政府が大統領選後に出した「NAFTAの現代化を追求したい」との公式声明を繰り返すのみ。「メキシコへの関心事はポテンシャルからリスクに変わった」。ある参加者はこう漏らして会場を後にした。

世界最大の自動車輸入国

 「アメリカファースト」。ドナルド・トランプ氏は自国最優先の政策を公約として掲げ、大統領選を制した。その言葉通り、「就任初日に宣言する」と約束した7項目のうち4つが「NAFTAの再交渉もしくは撤退」「TPP(環太平洋経済連携協定)からの撤退」など保護主義色の濃い通商政策だった。

 自由貿易から保護貿易へ──。反グローバリズムのあおりを最も受けるのが自動車産業だ。

 今や米国は世界最大の自動車輸入国。最大の輸入元が、NAFTA加盟国のメキシコ(195万台)だ。トランプ氏は大統領選出馬表明直後に「メキシコで生産した自動車を米国で売ろうものなら35%の関税を掛ける」と明言。メキシコに新工場を建設する計画のあった米フォード・モーターを批判した。

 「私が大統領になったら絶対にそんなことは許さない」。トランプ氏の主張は、メキシコに雇用を奪われたと感じる労働者の票を集めたとされる。

米国は世界最大の自動車輸入国
●米国を中心とした主要地域の輸出入の関係
米国は世界最大の自動車輸入国<br /> <span>●米国を中心とした主要地域の輸出入の関係</span>
注:円の大きさと数字は生産台数から販売台数を差し引いた台数。各国・地域内の在庫などを含む。赤は輸入超過、青は輸出超過。ASEAN5はインドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム
出所:各国・地域の自動車工業会の資料を基にみずほ銀行作成
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/4 トヨタ、日産がメキシコ生産強化

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5097文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/