高島屋がタイに初出店した。東南アジアではシンガポールで成功を収め、タイでのビジネスにも自信を見せる。ただ、シンガポールで成長の原動力となった戦略をタイでは踏襲できていない。小売市場が広がり、力をつけた現地有力企業の存在も、高島屋の勝ちパターンの実現を困難にしている。

<span class="fontBold">タイの大型SC「アイコンサイアム」に出店した「サイアム高島屋」</span>
タイの大型SC「アイコンサイアム」に出店した「サイアム高島屋」

 11月10日、高島屋はタイのバンコクに「サイアム高島屋」を開いた。タイ最大財閥のチャロン・ポカパン(CP)グループや大手商業デベロッパー、サイアム・ピワットなど現地有力企業が開発したSC(ショッピングセンター)の中核テナントとして出店。中間層以上や海外からの観光客の需要を取り込み、開業2年目の営業黒字化を狙う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1099文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。