和菓子からハンバーグまで、様々な食品を「包む」作業を自動化した食品機械大手。顧客に新たなレシピを提案し、「包あん機」の用途開発を続けることで現場に浸透した。模倣を恐れずアジアに攻め込み、人件費高騰を背景に成長を続ける。

包あん機とひだ付け機を組み合わせる(上)。肉まんにひだを付けるなど顧客の要望にきめ細かくこたえる(写真=竹井 俊晴)

 チーズ入りハンバーグと小籠包、クリーム大福。これらの食品には1つの共通点がある。具材を生地で「包む」ことだ。この作業を自動化する「包あん機」で国内シェア9割を誇るのがレオン自動機である。

 強さの秘密は年150~200種類のレシピを生み出す「研究室」。約20台の包あん機に加え、業務用のオーブンや蒸し器などがずらりと並び、約60人の担当者が新しい味を追求する。「海外の人が迷わないように」と宇都宮市の日光街道沿いに構えた本社敷地内の研究室には、新たなヒット商品を生み出そうと、国内外から年700社以上の食品メーカーが視察に訪れる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り769文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。