長らく続いたセブン-イレブン・ジャパンの連続増収記録が途切れた。10月の既存店売上高は前年同月比0.5%減と、63カ月ぶりのマイナスに転じた。これからも「最大手かつ最強」の存在としてメーカーや加盟店への統率力を保てるか。

ほぼ一貫して業界平均を上回ってきた
●既存店売上高の前年比伸び率
ほぼ一貫して業界平均を上回ってきた<br /> <span>●既存店売上高の前年比伸び率</span>
[画像のクリックで拡大表示]

 「10月は無理そうですね」

 11月2日の昼すぎ、東京都内のセブンイレブン加盟店。いつものように店舗を訪れ、裏手の事務スペースに入った本部社員がオーナーに切り出した。「10月30日時点で99%台前半だったと報告がありました。残り1日で盛り返すのは難しそうです」。5年続いた既存店売上高のプラス記録。加盟店や取引先、投資家らが注目する大記録が、ついに途切れることを知らせたのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り875文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。