ファミリーマートと日本航空(JAL)が、「流れ星」を人工的に作り出すプロジェクトへの参加を発表した。新規事業の創出に向け、革新的なアイデアを持つベンチャーに近づく大手企業。だが、製品開発の遅れや事業シナジーの不透明な事例も相次ぎ、専門家からは「バブル」との指摘も上がっている。

全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」(上)は注目度が高いが、製品改良のため発売を来年度に延期。宇宙ベンチャーALEの計画はファミリーマートなどが支援する(下) (写真=上:竹井 俊晴)

 11月7日、ファミリーマートの沢田貴司社長は少し興奮気味だった。宇宙VB(ベンチャー企業)のALE(東京・港)が企画した「世界初の人工衛星による人工流れ星プロジェクト」への参加発表会。「人工的に星を降らせることは夢がある。単なる投資ではなく新しいチャレンジを応援したい」。沢田社長はこうエールを送った。

 確かに夢のようなプロジェクトだ。ALEが開発するのは、人工衛星から直径約1cmの金属の球を発射し、落下に伴う熱で流星のように光らせる技術。球を発射する向きや速度、タイミングを遠隔制御し、狙った場所の半径100kmの範囲で流星を観測できるようにする。2019年の初夏に広島県の瀬戸内海で実証実験を計画している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1863文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。