仏政府の議決権拡大の動きが、日産自動車と仏ルノーを揺るがしている。経営への干渉が強まり、両社の「対等」なバランスが崩れる恐れがある。ゴーン社長が主導してきた提携戦略や新興国戦略にも影響を与えかねない。