仏政府の議決権拡大の動きが、日産自動車と仏ルノーを揺るがしている。経営への干渉が強まり、両社の「対等」なバランスが崩れる恐れがある。ゴーン社長が主導してきた提携戦略や新興国戦略にも影響を与えかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1225文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題