茨城県を地盤とする常陽銀行と栃木県が地盤の足利ホールディングス(HD)が経営統合すると発表した。コスト削減など具体的な効果が見えないまま、統合比率だけはすでに決まっているという異例の内容だった。その背景には、過去に破綻した足利HDの大株主となっている野村ホールディングスの存在がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1352文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題