富士フイルムが東芝メディカルらに競り勝ち、武田薬品傘下の和光を買収する。2000億円とも見られる買収金額が割高と判断され、株式市場の反応は芳しくない。ヘルスケア部門を早期に中核事業へ育てる戦略の成否が問われている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1381文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。