プリウスが“日産規格”に対応

 日産の狙いは、国際標準を目指す日本発の急速充電規格「チャデモ」を米国でも普及させることだ。チャデモの対抗馬は、BMWなどの欧米勢が後押しする「コンボ」、米テスラモーターズが採用する規格など。当初はこれらの規格がシェア争いを展開していたが、欧州では複数の規格に対応した「マルチ」の充電設備が普及し始めている。

 米国のEV推進策でも「チャデモを含むマルチのスタンドになる見通し」(日産の川口均チーフサステナビリティオフィサー)で、米国市場でのEV拡販の追い風になりそうだ。

 エコカー戦略の修正が迫られそうなのがトヨタだ。同社が展開するHV(ハイブリッド車)とPHV(プラグインハイブリッド車)は「期限付き」のエコカーともいえるからだ。米カリフォルニア州の「ZEV(排ガスゼロ車)規制」では、2018年モデルからHVがZEVの対象から除外されることが決まっている。PHVも将来的に除外される可能性がある。

 トヨタがこの冬に発売する「新型プリウスPHV」では、充電スタンドの台数が多い日本向けのモデルでのみ、チャデモに対応することを明らかにしている。PHVはこれまで充電インフラが整うまでの重要な「つなぎ役」を果たすと見られてきた。トヨタがこれまでHVとPHVに注力してきたのも、充電インフラが不十分であったことが大きい。

 米国の新たな推進策により、トヨタは今後のシナリオを修正する可能性がある。充電インフラが想定より早く整えば、EV化で先行する欧米メーカーに市場を奪われないためにもHVやPHVからEVやFCV(燃料電池車)へ移行する時期を早めた方が得策だからだ。

 米国と並んでEVシフトのカギを握るのが、2030年までに60~65%のCO2削減を目指す中国だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1371文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。