オバマ政権が米国の48の主要高速道路にEVの充電設備を設置すると発表した。インフラが整えば、EVを米国市場で展開する日産自動車にとっては追い風になる。一方でトヨタ自動車は戦略の修正が求められる。EVへのつなぎ役だったPHVの存在意義が薄まるからだ。