米IBMが340億ドルもの資金を投じてクラウド向けのソフトウエア事業を手掛ける米レッドハットを買収する。王道的なプラットフォーマーとしてのクラウドサービスでは、もはや米アマゾン・ドット・コムにかなわない。開発や運用、保守といったサービスを主軸に巻き返しを図るが、日本のIT大手にとっては脅威となるかもしれない。

<span class="fontBold">米IBMのロメッティCEO(右)と米レッドハットのホワイトハーストCEO(左)</span>
米IBMのロメッティCEO(右)と米レッドハットのホワイトハーストCEO(左)

 「クラウド業界の流れを完全に変える」。IBMのバージニア・ロメッティCEO(最高経営責任者)は10月28日(米国時間)、340億ドル(約3兆8000億円)もの巨費を投じる米レッドハット買収についてコメントした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1053文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。