NTTドコモが来春にも携帯電話料金を2~4割引き下げると表明した。値下げを求める政府の意向とは無関係とするが、最大手が消耗戦を仕掛けた格好だ。KDDIは追随せず、ソフトバンクも大幅値下げには慎重姿勢。ドコモは狙い通り競合から顧客を奪えるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1272文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。