産業革新機構がシャープに出資し、JDIと液晶事業を統合する計画が水面下で急速に進んでいる。シャープとJDIの双方が持つ液晶技術を融合すれば、新市場を開拓できる可能性が高まってきたからだ。現実味を増してきた「日の丸液晶」の誕生。しかし統合が実現してもシャープの先行きは視界不良だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3904文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。