米投資ファンドのサード・ポイントがソニーやファナック、スズキに続き、小売りの盟主に出資した。イトーヨーカ堂の分離を提案するなど、セブンイレブン以外の非効率部門にメスを入れるよう迫る。現状、経営陣は静観の構えだが、「もの言う株主」の本気度は高く、攻防が激化する可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1291文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。