横浜の大規模マンションが傾いた問題で、世間の批判が旭化成建材に集中している。しかし慣例に従えば、消費者に対する責任を一義的に負うのは販売元の三井不動産レジデンシャルだ。三井住友建設、日立ハイテクノロジーズにも責任はある。矢面に立つのが1社というのはいびつだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2683文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。