東京都渋谷区が5日から同性パートナーを認める証明書の交付を始めた。これに合わせ、携帯電話会社や保険会社などが相次ぎ新たなサービスを開始。企業として性的マイノリティー「LGBT」対応に本腰を入れる時がやってきた。