日産自動車は11月2日、今年の目玉車種である小型車の新型「ノート」を発売した。ガソリンエンジンで発電する新たな動力機構を初採用。「第2のEV」とも言える。低燃費を実現する操作方法が消費者に受け入れられるかが成否を分ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1202文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題