企業のLGBT(性的マイノリティー)への取り組みを測る指標が作成された。関係者が「想像以上」と漏らす、82の企業などから応募があった。背景には、LGBT対応が企業競争力に直結するとの意識の広がりがある。