堅調な相場が続く米国株。日本の個人投資家の投資意欲も拡大している。米大手IT企業の世界での成長力に注目するほか、企業寄りとみられるトランプ政権の姿勢が背景だ。証券会社は手数料の値下げなどで取引拡大を狙うが、米株相場の「過熱」を指摘する声もある。

 「1日で50万円資産が増えた」。米アマゾン・ドット・コムが2017年7~9月期決算で売上高が過去最高を更新したと発表した10月26日の翌日、東京都に住む川瀬達也さん(40歳、仮名)は驚きの声を上げた。保有する時価約500万円のアマゾン株の株価が決算発表後、10%以上も値上がりしたからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1009文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。