ソニーはインターネット上で不特定多数の個人から資金を募るCF(クラウドファンディング)サイトを近く開放する。2015年7月に開設して培ってきたノウハウを生かし、斬新な商品を創出する機運を日本全体に広げる狙い。「共創で顧客に感動を与える」ことを目指すソニー。その理念は共感を得られるか。

開発秘話を公開し支援者を募るFirst Flightのサイト

 ソニーは2015年7月に開設したCF(クラウドファンディング)サイト「First Flight」を外部に開放する。同サイトはインターネット上で支援者を募り、開発資金を募ると同時に、新商品を販売する通販機能も併せ持つ。

 ソニーはFirst Flightを通じて4つの商品でそれぞれ1000万円以上の資金を集め、製品化してきた(右の表)。バンド部分に電子マネー機能を搭載した腕時計「ウェナリスト」の調達額は国内で初めて1億円を超えたことでも知られる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り959文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。