神戸製鋼所や日産自動車、SUBARUと続く品質を巡る不祥事。その裏で耳目を集める保険商品がある。役員個人が責任を問われ、訴えられた際、賠償金などを補償する「役員保険(会社役員賠償責任保険)」だ。主力の自動車保険が伸び悩む損保各社は新たな収益源として期待、販売拡大を推し進める。

 国内損害保険会社の商品設計担当者が「役員保険(会社役員賠償責任保険)」に対する関心の高まりを実感している。「神戸製鋼所や日産自動車が話題になり、問い合わせの電話が増えている」と明かす。

 過失や監督義務違反で損害賠償を請求された際、賠償金や弁護士費用を補償する同保険。訴訟大国の米国発祥の保険商品だが、日本でも東芝の不正会計問題を巡り株主が旧経営陣・役員を相手取り株主代表訴訟を起こすなど、役員個人が訴訟の対象となるケースが増える中、いよいよ定着しつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り969文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。