国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」の開発が大詰めを迎えている三菱航空機に難題が降りかかった。カナダの小型旅客機メーカー、ボンバルディアが機密情報をMRJの開発に不正流用されたとして提訴したのだ。これに対し、三菱航空機や親会社の三菱重工業は「根拠がない」とコメント。強気の裏には理由があった。

ボンバルディア(上)にとって、MRJ(下)の小型旅客機市場参入は経営リスクとなる(写真=下:三菱航空機(株)提供)