国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」の開発が大詰めを迎えている三菱航空機に難題が降りかかった。カナダの小型旅客機メーカー、ボンバルディアが機密情報をMRJの開発に不正流用されたとして提訴したのだ。これに対し、三菱航空機や親会社の三菱重工業は「根拠がない」とコメント。強気の裏には理由があった。

<span class="fontBold">ボンバルディア(上)にとって、MRJ(下)の小型旅客機市場参入は経営リスクとなる</span>(写真=下:三菱航空機(株)提供)
ボンバルディア(上)にとって、MRJ(下)の小型旅客機市場参入は経営リスクとなる(写真=下:三菱航空機(株)提供)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り110文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。