ガソリン価格がおよそ4年ぶりの高値となる、1リットル160円をつけた。中東情勢に加え、日本国内で石油元売りの再編が進み、価格が下がりにくい現状も関係している。この冬も高値が続くとの見方は多い。家計の負担増、さらには消費増税の判断にも影響する可能性がある。

(写真=アフロ)
(写真=アフロ)

 秋の行楽シーズンのさなか、ガソリン価格が上昇している。資源エネルギー庁が10月24日発表した同22日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(全国平均)は、1リットル当たり160円。160円台は2014年11月以来だ。灯油も高く、1リットル100円台に迫る。

 価格上昇はマクロ経済統計にも反映されている。26日に発表された全国の物価の先行指標となる10月の東京都区部の消費者物価指数(CPI、中旬速報値、2015年=100)は、生鮮食品を除く総合で101.3となり、前年同月比1.0%上昇した。電気代、石油製品といった項目が指数を押し上げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り976文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。