東芝が旧経営陣に対して損害賠償請求訴訟を提起する見通しとなった。だが根拠となる「役員責任調査委員会」の調査は十分とは言い難い。過去のしがらみと決別できるのか。東芝の本気度が、法廷を舞台に試される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2884文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題