日産自動車のカルロス・ゴーン社長が12月にも三菱自動車の会長に就任する。同時に益子修・会長兼社長が社長としてとどまることも決まり、三菱自動車の社内がざわついている。「(前社長の)相川(哲郎)さんは辞めさせられたのになぜ」(社員)。ゴーン氏の決断は吉と出るか凶と出るか。

会見で2人は「共同購買、生産拠点の共用、新技術の開発分担などでシナジーを創出できる」と強調した

 10月20日夕刻、日産自動車のカルロス・ゴーン社長と三菱自動車の益子修・会長兼社長は笑顔で固い握手を交わした。それぞれ、12月に発足する予定の三菱自動車の新経営体制で会長と社長に就くことが内定したためだ。

 その光景を、苦々しい思いで見つめる三菱自動車の社員もいた。「益子氏が残るのだけは許せない」。ある三菱自動車社員は言う。

続きを読む 2/4 燃費不正問題で社員を処分

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2702文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。