「小型で安価」が売りだったミラーレス機の単価が上昇、一眼レフを超える機種も珍しくなくなった。一眼レフ2強のキヤノンとニコンは“共食い”を避けるため、高級化路線への対応に出遅れた。欧米ではミラーレスの単価が既に一眼レフを上回る。市場の縮小は続き、消耗戦の様相を呈している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り623文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年10月31日号 16~17ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。