外食大手のゼンショーホールディングスが食品スーパーの買収を加速している。ヤオコーなど地域の有力スーパーが、同業の中堅を傘下に収めようとする動きも目立ち始めた。大手資本への相次ぐ身売りは、地域のスーパーの経営が厳しさを増していることを示す。