外食大手のゼンショーホールディングスが食品スーパーの買収を加速している。ヤオコーなど地域の有力スーパーが、同業の中堅を傘下に収めようとする動きも目立ち始めた。大手資本への相次ぐ身売りは、地域のスーパーの経営が厳しさを増していることを示す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1286文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題