東芝社長や日本郵政社長などを歴任した西室泰三氏が81歳で死去した。数々の要職を通じて国や経済界へ貢献した一方で、東芝の不正会計問題の一因を作ったとの指摘もある。国内産業史に名を残す経営者の実像とは。日経ビジネスだけが知る、その素顔を紹介する。

西室氏が体調不良により日本郵政社長を突然退いたことで、同グループは求心力を失った(写真=的野 弘路)

 西室泰三氏の人生観、仕事観に大きな影響を与えたのは、若いころに経験した死の恐怖だ。西室氏が親しい人間に聞かせる、こんな逸話がある。

 1961年、西室氏は東京芝浦電気(現・東芝)に入社した頃から下肢の力が抜ける感覚に悩まされた。日本の病院で原因は分からなかったが、悪化する症状と「あと4~5年生きられるかどうか」という余命宣告だけが明確だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1025文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。