国際的に批判が高まるサウジアラビアのジャーナリスト殺害でソフトバンクに逆風が吹いている。同国皇太子と組んだファンドの運営に誤算が生じれば、将来の成長戦略が狂いかねない。巨額の含み益があるアリババ株は下落し、国内では携帯値下げ圧力が高まる。孫氏に打開策はあるのか。

<span class="fontBold">サウジアラビア政府は記者のジャマル・カショギ氏が総領事館内で殺害されたと認めた</span>(写真=AP/アフロ)
サウジアラビア政府は記者のジャマル・カショギ氏が総領事館内で殺害されたと認めた(写真=AP/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1814文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。