ソフトバンクグループの孫正義社長は10兆円規模のファンドを設立する構想をぶち上げた。サウジアラビアの政府系ファンドと連携し、IT関連企業に投資する。IoTのバリューチェーンの陣地をより多く押さえるため、怒濤の投資ラッシュが始まりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1314文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題