昨年末、電通の女性新入社員、高橋まつりさん(当時24歳)は過労で自ら死を選んだ。本誌が実施した緊急アンケートにより、日本企業にはびこる違法残業の実態が明らかになった。長時間労働に頼ることへの弊害は明らか。すぐにでも実効性のある見直しに着手すべきだ。