10月31日のハロウィーンに向けた商戦がますます沸き立っている。東京ディズニーランドが関連イベントを初めて開いたのは1997年。子供の時からイベントに親しんだ「ネーティブ世代」が成人し、関連消費の主役になってきた。