「ユニクロ」を傘下に持つファーストリテイリングの2017年8月期は、2期ぶりに過去最高益を更新した。けん引役は中国・アジア事業。好調が続く18年8月期は海外の売り上げが国内を逆転する見通しだ。次の焦点は、ネット企業の伸長などで経営環境が激変する米国市場の攻略だ。

足元で好調なのは中国事業(上)だが、世界戦略のカギを握るのは赤字が続く米国事業(下)だ

 「(中期目標の)売上高3兆円は近年中に確実にいくと思う」。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、12日に開いた決算会見でそう強調した。

 2017年8月期の売上高は前の期比4.2%増の1兆8619億円、純利益は同148.2%増の1192億円。ともに過去最高を更新した。けん引役となったのは中国と東南アジアでの事業拡大だ。年間100店を超えるペースで出店したのが奏功した。特に好調な中国では、現在3500億円程度の売り上げを、今後5年で1兆円まで引き上げる方針だ。