中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が関西で研究所の設立を検討していることが分かった。パナソニックなど関西に拠点を置く企業との連携を深めるほか、モノづくり企業との協力関係を強化する狙い。米中経済冷戦が現実味を帯びる中、日本企業とのパイプを太くして世界での存在感を高める狙いが透ける。

この10年で調達額は20倍に
●華為技術の日本からの調達額
この10年で調達額は20倍に<br /><span>●華為技術の日本からの調達額</span>

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1073文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。