「日経ビジネスオンライン」で報じた通り、伊藤忠商事がデサント株を約3割まで買い増したことを明らかにした。デサントは買い増しに反発しており、両社の確執はもう後に引けないところまできたようだ。伊藤忠はデサントの石本雅敏社長の解任も視野に入れる。泥沼の戦いはしばらく続くことが予想される。

伊藤忠の岡藤正広会長(左下)と、デサントの石本雅敏社長(右下)の確執はもう後に引けない(写真=背景:共同通信、左下・右下:時事)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1208文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。