ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)が子会社ユニーをドンキホーテHDに売却すると正式に発表した。コンビニエンスストア事業に経営資源を集中する一方で、ドンキHDに2割出資して連携を強めていく。イオン、セブン&アイHDを追う5兆円規模の流通グループの誕生は、業界再編の呼び水にもなる。

<span class="fontBold">共同運営店(左、写真は横浜市のMEGAドン・キホーテUNY大口店)について大原ドンキHD社長(下左)は「5年で100店にする」と述べた(下右はユニー・ファミマHDの高柳社長)</span>
共同運営店(左、写真は横浜市のMEGAドン・キホーテUNY大口店)について大原ドンキHD社長(下左)は「5年で100店にする」と述べた(下右はユニー・ファミマHDの高柳社長)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2342文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。