上海株が急落した中国景気に懸念が広がる中、日本の小売業が強気の出店計画を打ち出している。越境ECを通じて中国市場に参入する日本企業も増える一方だ。高額品の消費には変調が見えるが、13億人の国民の日常的な実需は意外に底堅いことが背景にある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2625文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題