TPP交渉が大筋合意に達し、来年にも世界のGDPの4割を占める巨大経済圏が誕生する。関税の縮小・撤廃や投資規制の緩和など幅広いルールが統一され、企業経営の選択肢が広がる。日本の輸出製造業は歓迎、農業は危機感と見なされがちだが、構図はそう単純ではない。