経営再建に向けて動き出した東芝に、早くも難題が降りかかる。東京電力から受託したスマートメーター開発が行き詰まる事態に陥っている。大規模な通信システム再開発が必要となれば、さらなる赤字拡大は避けられない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1336文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題