今年のノーベル生理学・医学賞に北里大学特別栄誉教授の大村智博士が選ばれた。授賞理由は、アフリカなどで年2億人以上に投与されている駆虫薬「イベルメクチン」の成果。弱者を救った薬の無償提供には、米製薬大手メルクが下した約30年前の英断があった。