韓国サムスン電子はトラブルが続く「ギャラクシーノート7」の販売を中断した。一連の事故は、リチウムイオン電池の発火危険性を改めて露呈しただけではない。メーカーは革新性を求めるがゆえに希薄になっている「安全性」への考え方を見直す必要がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1257文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題