AI(人工知能)機能を備え音声だけで操作できる「AIスピーカー」が相次ぎ登場している。米グーグルが日本語対応の製品を発売。日本勢でもLINEが正式リリースした。「ポスト・スマートフォン」としての期待も高いが、利便性の裏にはリスクも潜む。

<span class="fontBold">LINEは体験版だったAIスピーカー「クローバウェーブ」の正式版を発売</span>
LINEは体験版だったAIスピーカー「クローバウェーブ」の正式版を発売

 AI(人工知能)機能を備え音声で自動応答する「AIスピーカー」を、国内外の大手IT(情報技術)企業が先を争うように日本市場へ投入している。10月6日には米グーグルが海外で先行販売していたAIスピーカー「グーグルホーム」を日本で発売(価格は1万4000円)。米アマゾン・ドット・コムも2017年内に日本市場へ参入すると表明した。

<span class="fontBold">米グーグルが日本で発売したAIスピーカー「グーグルホーム」</span>
米グーグルが日本で発売したAIスピーカー「グーグルホーム」

 これら米国勢の上陸を迎え撃つのはLINEだ。8月に体験版を提供していたAIスピーカー「Clova WAVE(クローバウェーブ)」の正式版を10月5日に発売した。価格はグーグルホームと同水準だが、月960円の定額音楽配信「LINEミュージック」の使用権を1年分セットにして税込み1万2800円の割引キャンペーンで対抗する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1948文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。