AI(人工知能)機能を備え音声だけで操作できる「AIスピーカー」が相次ぎ登場している。米グーグルが日本語対応の製品を発売。日本勢でもLINEが正式リリースした。「ポスト・スマートフォン」としての期待も高いが、利便性の裏にはリスクも潜む。

LINEは体験版だったAIスピーカー「クローバウェーブ」の正式版を発売

 AI(人工知能)機能を備え音声で自動応答する「AIスピーカー」を、国内外の大手IT(情報技術)企業が先を争うように日本市場へ投入している。10月6日には米グーグルが海外で先行販売していたAIスピーカー「グーグルホーム」を日本で発売(価格は1万4000円)。米アマゾン・ドット・コムも2017年内に日本市場へ参入すると表明した。

米グーグルが日本で発売したAIスピーカー「グーグルホーム」

 これら米国勢の上陸を迎え撃つのはLINEだ。8月に体験版を提供していたAIスピーカー「Clova WAVE(クローバウェーブ)」の正式版を10月5日に発売した。価格はグーグルホームと同水準だが、月960円の定額音楽配信「LINEミュージック」の使用権を1年分セットにして税込み1万2800円の割引キャンペーンで対抗する。