新生・東芝はお題目にすぎなかったのか ──。東芝が引当金を悪用する手口で長年、不正会計を続けてきたことが本誌の取材で明らかになった。これは7月20日に公表された第三者委員会(委員長=上田広一・元東京高検検事長)の調査報告書に盛り込まれていない新たな事実であり、東芝問題の根深さと第三者委による調査の甘さが改めて浮き彫りになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6409文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。