9月末の臨時株主総会を経て、東芝の新経営陣が固まった。だが、本誌の取材で新たな不正の手口が発覚した。引責辞任は有名無実化し、病巣は厳然と残っている。再生を望むなら、まずは徹底した真相究明を進めるべきだ。このまま幕を引いたら、再出発は「偽り」にすぎなくなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り775文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。