9月末の臨時株主総会を経て、東芝の新経営陣が固まった。だが、本誌の取材で新たな不正の手口が発覚した。引責辞任は有名無実化し、病巣は厳然と残っている。再生を望むなら、まずは徹底した真相究明を進めるべきだ。このまま幕を引いたら、再出発は「偽り」にすぎなくなる。